神様の憂鬱

神様の代わりにいろいろ経験しています

たとえばお祓い

友人がお祓いをしてもらった

 

他には弟の嫁

その嫁の母

あと友人の家

嫁の母の家

 

一人20分で1万5千円

家一軒につき5万円

合計14万5千円

 

嫁はパニック障害でいつもイライラしている

その祓い屋が言うには首に蛇が巻き付いていて

その他に7体ほどの悪い霊がついているそうで

一回では祓いきれないので毎月お祓いをするそうだ

確かにお祓いをした後は顔つきが少し穏やかになったらしい

 

友人も腰に蛇がいて背中に悪いものを背負っていたそうで

背中のハリが少しとれた気がすると言っていた

 

 

目に見えないものは

見える人に何かしてもらうしかないけど

こちらが見えていない限り

ホントに見えているかどうか確かめるすべはないので

あとはそれを信じるて委ねられるかどうかである

 

信じることができるのならば

気分も気持ちも楽になって

祓ってもらって良かったということになるのだ

 

これはつまり祓ってもらう側が決めるということで

たとえば

『あなたは今から心も身体も最高の状態になります』

という催眠術をかけられて(かかったと思い込んで)

気分が良くなってもいいのだ

 

 

 

こちらの記事に書いたように

 

tsuyuri0507.hatenablog.com

 

そういう役割でこの世に生まれてきているので

霊につかれる役と

霊を祓う役の人がいただけで

どちらがどうということではないのだろうし

自分で納得して料金を払ったのだから何も問題はないのだけれど

 

信じたから調子が良くなったとか

そういうのは信じられないから何も変わらないとか

やっぱり結局は答えは自分の中にあるのだ

 

f:id:tsuyuri0507:20190630235906j:plain

 

あなたがしなければならないこと

あなたが生きていてしなければならないことは

実は何もないのだ

 

 

したほうが良いことは

 

お腹が空いたら

食事をする

 

眠くなったら

睡眠をとる

 

くらいかな

 あとはオプション

 

 

しなければいけないとういう強制されるものはないのだ

 

子供らしくとか

親らしくとか

学生らしくとか

社会人らしくとか

女らしくとか

男らしくとか

 

らしいという言葉通り

正解があるわけでもなく

他人の物差しで強制されるものでもないのだ

 

自分らしく生きるとかいうけど

他人らしく生きること自体できないし

自分の生き方はどうであろうと自分でしかないのだ

 

f:id:tsuyuri0507:20190625181211j:plain

 

魔法の言葉

今回も言葉について

 

この世にはとても便利な魔法の言葉がある

それは

 『酔っていて覚えていない』

 

これは一口でもアルコールを摂取したら使える便利な魔法の言葉だ

 

どんなに

悪口を言おうと

人を傷つけようと

甘い言葉を囁こうと

この言葉を言えばすべて無効になるのだ

 

 

酔うと記憶がなくなるという話はよく聞くが

実はそうでもないらしくて

 

飲み始めると誰にでも絡む癖のある酒乱がいて

その人も次の日には覚えてません風にしているのだけど

ある時初めて一緒に飲んだ人にいつものように絡んだ時

その相手が胸ぐらをつかみ『いいかげんにしろ』と恫喝したら

(決して私ではございません)

その後その相手に絡むことはなくなったそうで

結局記憶にないというのはただの自己申告じゃないかと思うのだけど

 

私はまったく飲めないので

真偽を確認できないのが残念

 

 

 

世間を騒がせるニュースでも

この言葉を使う人が多くて

いままでもその一言で済んでいたことが多かったのだろう

 

遥か昔から

お酒のない世界はないし

これからもなくなることはないのだろうけど

その魔法の言葉だけは

通用しない世の中にはならないものだろうか

 

f:id:tsuyuri0507:20190531014302j:plain